トップ > 特色あるコレクション(おすすめコンテンツ) >  科研費ウェブサイトコレクション

科研費ウェブサイトコレクション

科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金/科学研究費補助金)は、人文・社会科学から自然科学まで全ての分野の学術研究を発展させるため、 研究者に必要な資金を助成するしくみの一つです。 科研費の各対象には、研究の段階や規模などに応じて、39歳以下の研究者を対象とする「若手研究」や、 新たな学問領域の形成を支援する「新学術領域研究」といった「研究種目」が設定されています。 (参考 日本学術振興会「科学研究費助成事業」(外部リンク))

科研費を受ける研究には、ウェブサイトを設けて研究の概要などを公開しているものも多く存在しますが、助成期間終了後にサイトが消滅してしまうこともあります。 WARPはこれらの科研費サイトを収集・保存して、オリジナルが消滅してしまった後でも見ることができるようにしています。

WARPで保存している科研費サイトのうち「新学術領域研究」サイトを下表にまとめました。 WARPでは、国公立大学など公的機関の科研費サイトは法律に基づいて、その他のサイトは発信者からの許諾に基づいて収集しています。 下表で保存したウェブサイトが空欄になっているものは、WARPで未収集です。管理者の方は是非、ウェブサイトの収集についてご協力ください。

  • 研究領域名をクリックすると、科学研究費助成事業データベース(外部リンク)の各領域ページが開きます。
  • サムネイルをクリックすると、WARPで保存した領域サイトが開きます。
  • 館内限定公開アイコン となっているコンテンツは発信者の意向により国立国会図書館の館内でのみご覧いただけます。

1.人文・社会系

領域設定期間 領域番号 研究領域名 保存したウェブサイト
平成20年度~平成24年度 1001 ユーラシア地域大国の比較研究 館内限定公開アイコン
平成21年度~平成25年度 1101 環太平洋の環境文明史
平成22年度~平成26年度 1201 ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究
平成23年度~平成27年度 1301 法と人間科学 館内限定公開アイコン
平成24年度~平成28年度 1401 現代文明の基層としての古代西アジア文明―文明の衝突論を克服するために― 館内限定公開アイコン
平成25年度~平成29年度 1501 新興国の政治と経済発展の相互作用パターンの解明
平成26年度~平成30年度 1601 古代アメリカの比較文明論
平成27年度~平成31年度 1701 稲作と中国文明-総合稲作文明学の新構築-
平成28年度~平成32年度 1801 グローバル秩序の溶解と新しい危機を超えて:関係性中心の融合型人文社会科学の確立
1802 パレオアジア文化史学ーアジア新人文化形成プロセスの総合的研究

ページの先頭へ

2.理工系

領域設定期間 領域番号 研究領域名 保存したウェブサイト
平成20年度~平成24年度 2001 重い電子系の形成と秩序化
2002 高温高圧中性子実験で拓く地球の物質科学
2003 半導体における動的相関電子系の光科学
2004 素核宇宙融合による計算科学に基づいた重層的物質構造の解明 館内限定公開アイコン
2005 ソフトインターフェースの分子科学
2006 揺らぎが機能を決める生命分子の科学 館内限定公開アイコン
2007 高次π空間の創発と機能開発
2008 海底下の大河:地球規模の海洋地殻中の移流と生物地球化学作用
2009 分子自由度が拓く新物質科学
2010 分子ナノシステムの創発化学
平成21年度~平成25年度 2101 量子サイバネティクス - 量子制御の融合的研究と量子計算への展開
2102 医用画像に基づく計算解剖学の創成と診断・治療支援の高度化
2103 原子が切り拓く極限量子の世界ー素粒子的宇宙像の確立を目指してー
2104 多彩なフレーバーで探る新しいハドロン存在形態の包括的研究 館内限定公開アイコン
2105 反応集積化の合成化学 革新的手法の開拓と有機物質創成への展開 館内限定公開アイコン
2106 超深度掘削が拓く海溝型巨大地震の新しい描像
2107 配位プログラミング ― 分子超構造体の科学と化学素子の創製
2108 地殻流体: その実態と沈み込み変動への役割
2109 プラズマとナノ界面の相互作用に関する学術基盤の創成 館内限定公開アイコン
2110 背景放射で拓く宇宙創成の物理―インフレーションからダークエイジまで― 館内限定公開アイコン
平成22年度~平成26年度 2201 バルクナノメタル ー常識を覆す新しい構造材料の科学 館内限定公開アイコン
2202 対称性の破れた凝縮系におけるトポロジカル量子現象
2203 コンピューティクスによる物質デザイン:複合相関と非平衡ダイナミクス
2204 直截的物質変換をめざした分子活性化法の開発
2205 気候系のhot spot:熱帯と寒帯が近接するモンスーンアジアの大気海洋結合変動
2206 融合マテリアル:分子制御による材料創成と機能開拓
2207 生合成マシナリー:生物活性物質構造多様性創出システムの解明と制御 館内限定公開アイコン
2208 電磁メタマテリアル
平成23年度~平成27年度 2301 天然物ケミカルバイオロジー:分子標的と活性制御
2302 太陽系外惑星の新機軸:地球型惑星へ
2303 先端加速器LHCが切り拓くテラスケールの素粒子物理学~真空と時空への新たな挑戦
2304 有機分子触媒による未来型分子変換
2305 超高速バイオアセンブラ
2306 ナノメディシン分子科学
2307 超低速ミュオン顕微鏡が拓く物質・生命・素粒子科学のフロンティア
2308 シンクロ型LPSO構造の材料科学 ―次世代軽量構造材料への革新的展開―
平成24年度~平成28年度 2401 元素ブロック高分子材料の創出
2402 重力波天体の多様な観測による宇宙物理学の新展開 館内限定公開アイコン
2403 感覚と知能を備えた分子ロボットの創成
2404 実験と観測で解き明かす中性子星の核物質 館内限定公開アイコン
2405 多面的アプローチの統合による計算限界の解明 館内限定公開アイコン
2406 人工光合成による太陽光エネルギーの物質変換:実用化に向けての異分野融合
2407 プラズマ医療科学の創成 館内限定公開アイコン
2408 感応性化学種が拓く新物質科学
2409 福島原発事故により放出された放射性核種の環境動態に関する学際的研究 館内限定公開アイコン
平成25年度~平成29年度 2501 生命分子システムにおける動的秩序形成と高次機能発現 館内限定公開アイコン
2502 ゆらぎと構造の協奏:非平衡系における普遍法則の確立
2503 理論と実験の協奏による柔らかな分子系の機能の科学
2504 ニュートリノフロンティアの融合と進化 館内限定公開アイコン
2505 ナノ構造情報のフロンティア開拓-材料科学の新展開 館内限定公開アイコン
2506 原子層科学 館内限定公開アイコン
2507 宇宙における分子進化:星間雲から原始惑星系へ
2508 3次元半導体検出器で切り拓く新たな量子イメージングの展開
2509 分子アーキテクトニクス:単一分子の組織化と新機能創成
平成26年度~平成30年度 2601 π造形科学: 電子と構造のダイナミズム制御による新機能創出
2602 ナノスピン変換科学
2603 宇宙の歴史をひもとく地下素粒子原子核研究
2604 3D活性サイト科学
2605 冥王代生命学の創成
2606 高次複合光応答分子システムの開拓と学理の構築
2607 医用画像に基づく計算解剖学の多元化と高度知能化診断・治療への展開
2608 地殻ダイナミクス ー東北沖地震後の内陸変動の統一的理解ー 館内限定公開アイコン
平成27年度~平成31年度 2701 トポロジーが紡ぐ物質科学のフロンティア
2702 高難度物質変換反応の開発を指向した精密制御反応場の創出
2703 ハイブリッド量子科学 館内限定公開アイコン
2704 J-Physics:多極子伝導系の物理
2705 なぜ宇宙は加速するのか? - 徹底的究明と将来への挑戦 -
2706 核-マントルの相互作用と共進化~統合的地球深部科学の創成~
2707 反応集積化が導く中分子戦略:高次生物機能分子の創製
2708 太陽地球圏環境予測:我々が生きる宇宙の理解とその変動に対応する社会基盤の形成
平成28年度~平成32年度 2801 特異構造の結晶科学:完全性と不完全性の協奏で拓く新機能エレクトロニクス
2802 配位アシンメトリー:非対称配位圏設計と異方集積化が拓く新物質科学
2803 ヒッグス粒子発見後の素粒子物理学の新展開~LHCによる真空と時空構造の解明~
2804 スロー地震学
2805 生物合成系の再設計による複雑骨格機能分子の革新的創成科学
2806 光圧によるナノ物質操作と秩序の創生
2807 複合アニオン化合物の創製と新機能

ページの先頭へ

3.生物系

領域設定期間 領域番号 研究領域名 保存したウェブサイト
平成20年度~平成24年度 3001 多様性と非対称性を獲得するRNAプログラム 館内限定公開アイコン
3002 細胞内ロジスティクス:病態の理解に向けた細胞内物流システムの融合研究
3003 遺伝情報収納・発現・継承の時空間場 館内限定公開アイコン
3004 神経系の動作原理を明らかにするためのシステム分子行動学
3005 配偶子幹細胞制御機構 館内限定公開アイコン
3006 活性酸素のシグナル伝達機能
平成21年度~平成25年度 3101 動植物に共通するアロ認証機構の解明
3102 天然変性タンパク質の分子認識機構と機能発現
3103 植物生態学・分子生理学コンソーシアムによる陸上植物の高CO2応答の包括的解明 館内限定公開アイコン
3104 非コードRNA作用マシナリー
3105 哺乳類初期発生の細胞コミュニティー 館内限定公開アイコン
3106 内因性リガンドによって誘導される「自然炎症」の分子基盤とその破綻
平成22年度~平成26年度 3201 シナプス・ニューロサーキットパソロジーの創成
3202 動く細胞と場のクロストークによる秩序の生成
3203 がん微小環境ネットワークの統合的研究
3204 細胞機能と分子活性の多次元蛍光生体イメージング 館内限定公開アイコン
3205 感染・炎症が加速する発がんスパイラルとその遮断に向けた制がんベクトル変換
3206 メゾスコピック神経回路から探る脳の情報処理基盤
3207 生命応答を制御する脂質マシナリー 館内限定公開アイコン
3208 翻訳後修飾によるシグナル伝達制御の分子基盤と疾患発症におけるその破綻
3209 多方向かつ段階的に進行する細胞分化における運命決定メカニズムの解明
3210 大地環境変動に対する植物の生存・成長突破力の分子的統合解析 館内限定公開アイコン
3211 植物の環境感覚:刺激受容から細胞応答まで
3212 細胞シグナリング複合体によるシグナル検知・伝達・応答の構造的基礎 館内限定公開アイコン
3213 血管ー神経ワイヤリングにおける相互依存性の成立機構 館内限定公開アイコン
3214 神経細胞の多様性と大脳新皮質の構築 館内限定公開アイコン
3215 3次元構造を再構築する再生原理の解明 館内限定公開アイコン
3216 ゲノムアダプテーションのシステム的理解
3217 食欲と脂肪蓄積の制御と破綻の分子基盤の解明 館内限定公開アイコン
3218 ミクロからマクロへ階層を超える秩序形成のロジック
3219 複合適応形質進化の遺伝子基盤解明
3220 パーソナルゲノム情報に基づく脳疾患メカニズムの解明
3221 癌幹細胞を標的とする腫瘍根絶技術の新構築
3222 ゲノム複製・修復・転写のカップリングと普遍的なクロマチン構造変換機構
3223 性差構築の分子基盤 館内限定公開アイコン
3224 先端技術を駆使したHLA多型・進化・疾病に関する統合的研究
平成23年度~平成27年度 3301 統合的神経機能の制御を標的とした糖鎖の作動原理解明
3302 脳内環境:恒常性維持機構とその破綻 館内限定公開アイコン
3303 上皮管腔組織の形成・維持と破綻における極性シグナル制御の分子基盤の確立
3304 ゲノム・遺伝子相関:新しい遺伝学分野の創成 館内限定公開アイコン
3305 ゲノムを支える非コードDNA領域の機能
3306 少数性生物学―個と多数の狭間が織りなす生命現象の探求―
3307 生命素子による転写環境とエネルギー代謝のクロストーク制御 館内限定公開アイコン
3308 マトリョーシカ型進化原理
平成24年度~平成28年度 3401 免疫四次元空間ダイナミクス 館内限定公開アイコン
3402 ユビキチンネオバイオロジー:拡大するタンパク質制御システム
3403 シリア・中心体系による生体情報フローの制御
3404 植物細胞壁の情報処理システム
3405 ウイルス感染現象における宿主細胞コンピテンシーの分子基盤 館内限定公開アイコン
3406 マイクロエンドフェノタイプによる精神病態学の創出
3407 運動超分子マシナリーが織りなす調和と多様性 館内限定公開アイコン
3408 高精細アプローチで迫る転写サイクル機構の統一的理解
平成25年度~平成29年度 3501 オートファジーの集学的研究:分子基盤から疾患まで
3502 生殖細胞のエピゲノムダイナミクスとその制御
3503 植物発生ロジックの多元的開拓
3504 動物における配偶子産生システムの制御 館内限定公開アイコン
3505 多様性から明らかにする記憶ダイナミズムの共通原理
3506 動的クロマチン構造と機能 館内限定公開アイコン
3507 グリアアセンブリによる脳機能発現の制御と病態
平成26年度~平成30年度 3601 細胞死を起点とする生体制御ネットワークの解明
3602 酸素を基軸とする生命の新たな統合的理解
3603 行動適応を担う脳神経回路の機能シフト機構
3604 ノンコーディングRNAネオタクソノミ
3605 細胞競合:細胞社会を支える適者生存システム
3606 ステムセルエイジングから解明する疾患原理
3607 新生鎖の生物学 館内限定公開アイコン
3608 脳タンパク質老化と認知症制御
平成27年度~平成31年度 3701 脂質クオリティが解き明かす生命現象
3702 温度を基軸とした生命現象の統合的理解 館内限定公開アイコン
3703 染色体オーケストレーションシステム
3704 共鳴誘導で革新するバイオイメージング
3705 生物の3D形態を構築するロジック
3706 植物の成長可塑性を支える環境認識と記憶の自律分散型統御システム
平成28年度~平成32年度 3801 新光合成:光エネルギー変換システムの再最適化 館内限定公開アイコン
3802 スクラップ&ビルドによる脳機能の動的制御
3803 脳構築における発生時計と場の連携
3804 ネオ・セルフの生成・機能・構造
3805 ネオウイルス学:生命源流から超個体、そしてエコ・スフィアーへ
3806 植物新種誕生の原理―生殖過程の鍵と鍵穴の分子実態解明を通じて― 館内限定公開アイコン

ページの先頭へ

4.複合領域

領域設定期間 領域番号 研究領域名 保存したウェブサイト
平成20年度~平成24年度 4001 水を主役としたATPエネルギー変換 館内限定公開アイコン
4002 学際的研究による顔認知メカニズムの解明 館内限定公開アイコン
4003 東アジアにおけるエアロゾルの植物・人間系へのインパクト 館内限定公開アイコン
4004 サンゴ礁学-複合ストレス下の生態系と人の共生・共存未来戦略-
平成21年度~平成25年度 4101 人とロボットの共生による協創社会の創成
4102 現代社会の階層化の機構理解と格差の制御:社会科学と健康科学の融合
4103 ヘテロ複雑システムによるコミュニケーション理解のための神経機構の解明
4104 過渡的複合体が関わる生命現象の統合的理解-生理的準安定状態を捉える新技術-
平成22年度~平成26年度 4201 システム的統合理解に基づくがんの先端的診断、治療、予防法の開発
4202 質感認知の脳神経メカニズムと高度質感情報処理技術の融合的研究
4203 統合的多階層生体機能学領域の確立とその応用
平成23年度~平成27年度 4301 精神機能の自己制御理解にもとづく思春期の人間形成支援学
4302 動的・多要素な生体分子ネットワークを理解するための合成生物学の基盤構築
4303 予測と意思決定の脳内計算機構の解明による人間理解と応用
平成24年度~平成28年度 4401 構成論的発達科学-胎児からの発達原理の解明に基づく発達障害のシステム的理解-
4402 生物多様性を規範とする革新的材料技術 館内限定公開アイコン
4403 新海洋像:その機能と持続的利用
平成25年度~平成29年度 4501 共感性の進化・神経基盤
4502 こころの時間学 ―現在・過去・未来の起源を求めて―
4503 スパースモデリングの深化と高次元データ駆動科学の創成
平成26年度~平成30年度 4601 認知的インタラクションデザイン学:意思疎通のモデル論的理解と人工物設計への応用
4602 動的構造生命科学を拓く新発想測定技術-タンパク質が動作する姿を活写する- 館内限定公開アイコン
4603 脳内身体表現の変容機構の理解と制御
平成27年度~平成31年度 4701 がんシステムの新次元俯瞰と攻略
4702 海洋混合学の創設:物質循環・気候・生態系の維持と長周期変動の解明
4703 非線形発振現象を基盤としたヒューマンネイチャーの理解 館内限定公開アイコン
4704 宇宙からひも解く新たな生命制御機構の統合的理解
4705 多様な質感認識の科学的解明と革新的質感技術の創出
平成28年度~平成32年度 4801 脳・生活・人生の統合的理解にもとづく思春期からの主体価値発展学
4802 多様な「個性」を創発する脳システムの統合的理解
4803 生物ナビゲーションのシステム科学
4804 数理解析に基づく生体シグナル伝達システムの統合的理解 館内限定公開アイコン
4805 人工知能と脳科学の対照と融合
4806 意志動力学(ウィルダイナミクス)の創成と推進

ページの先頭へ

5.生命科学系3分野支援活動

領域設定期間 領域番号 研究領域名 保存したウェブサイト
平成22年度~平成27度 がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動
ゲノム科学の総合的推進に向けた大規模ゲノム情報生産・高度情報解析支援
包括型脳科学研究推進支援ネットワーク 館内限定公開アイコン

ページの先頭へ

6.学術研究支援基盤形成

領域設定期間 領域番号 研究領域名 保存したウェブサイト
平成28年度~平成33年度 先端モデル動物支援プラットフォーム
先進ゲノム解析研究推進プラットフォーム
先端バイオイメージング支援プラットフォーム
コホート・生体試料支援プラットフォーム
平成28年度~平成30年度 短寿命RI供給プラットフォーム
地域研究に関する学術写真・動画資料情報の統合と高度化
平成28年度~平成33年度度 生命科学連携推進協議会 館内限定公開アイコン

(最終更新日:2017/03/23)

ページの先頭へ

Copyright © 2013- National Diet Library. All Rights Reserved.